麻莉華

漢方や食事療法で体質を改善する知識を紹介

八味地黄丸 1

八味地黄丸の解説

f:id:tamochanakari888:20201215025322j:plain

八味地黄丸

五臓における腎の機能を補う漢方薬補腎薬といいます。

代表的な補腎薬には六味丸、八味地黄丸、牛車腎気丸があります。八味地黄丸は、地黄、山しゅゆ、山薬、沢しゃ、ぷくりょう、牡丹皮、桂皮、附子からなります。陰証、虚証、寒証、裏証、腎証に用いる漢方薬で,温裏、補腎作用が有ります。

腎は生命活動を営む根源的なエネルギーである気を蓄える役割があり、この腎に蓄えられている気を腎気といいます。腎気の働きは、ヒトの誕生、男女の成長、老化に関わります。

腎気は、不安、食事の不摂生、過労、不適切な生活により減少します。この腎気が減少した状態を腎虚といいます。

腎虚の状態になると、脱毛・白髪、下肢の冷え・だるさをはじめ多様な症状が出現します。

漢方医学ではこれらの多様な症状を腎虚と認識して加療する点が特徴的です。八味地黄丸は腎虚によって引き起こされるこれらの諸症状を呈する患者の処方します。

八味地黄丸の適応症状

八味地黄丸は陰証、虚証、寒証、裏証、気虚血虚、水滞、腎虚に用います。疲労、倦怠感、尿量減少、頻尿、手足の冷えほてりなどがある人で、陰萎、坐骨神経痛、腰痛、前立腺肥大などに適応が有ります。

八味地黄丸の効果

腎虚の症状の改善効果のエビデンスとして、夜間頻尿、尿意切迫感、頻尿において有意な症状改善効果が示されました。