麻莉華

漢方や食事療法で体質を改善する知識を紹介

漢方の診察方法 

四診 漢方の主な4つの診察法

 

漢方医学の診察法には望聞問切、望診、聞診、問診、切診があり、これらをまとめて四診とよびます。

 

望診は、現代医学の視診にあたり、視覚による情報収集のことで、見た目の顔色や舌の性状などを観察します。

 

聞診は、聴覚と嗅覚による情報収集のことで、声の大きさ・咳・腹鳴や便臭・口臭などの所見を取ります。

 

問診は、現代医学とほぼ同じ方法ですが、病歴と自覚症状のほか、現代医学ではあまり質問しない項目も尋ねます。

 


切診は、現代医学の触診にあたり、身体に切する診察、つまり情報収集のことで、触診、脈診、腹診などがあります。

 

正しい診断に到達するためには、単独の症候の解釈で証を決めずに、複数の所見を組み合わせ総合的に判断します。

 

証は現時点の治療指針につながりますが、総合的に判断した結果なので、病名が同じでも所見により違う処方が適応になる同病異治や、異なる病名でも同じ治療になる異病同治になることがあります。